So-net無料ブログ作成

大石幸子!高確立魔法の産み分け術 口コミ 体験談 [出産]


詳細はこちらをクリック



魔法の女の子産み分け.gif


ほとんどの女性が、病院に行かなければ産み分けができないと思っています。

もしかしたら、あなたも病院へ行こうと思っているかもしれません。


実は、産み分け指導で病院に通うことは、思った以上にとても大変なことなんです。


病院で産み分けと言っても・・・

    ・産み分けの専門の病院が少ない。

    ・自分に合った病院が見つからない。

    ・適切な産み分け指導をしてくれる病院が少ない。

   

いざ通院といっても・・・

時間も交通費もかなりかかります。


上の子がいる場合はさらに大変です。
小さい子をつれて病院にいくことがどれだけ苦労が多いかは経験済みだと思います。
産み分けのことをあまり周りに知られたくないので、誰かに子供を預けてまでは行けません。


最初は問診となりますが、初経や生理の周期をはじめ、セックスのことなど
夫婦のプライベートな答えにくい質問をされる場合があります。


内診では、頸管粘液検査や膣内の酸性アルカリ性検査、血液検査、ホルモン測定など様々な検査を行います。
必ず内診台に上がり診察を受けますので、女性にとって何よりも嫌な瞬間です。



また医師が排卵日の見当がつかないときなどは、基礎体温表を何度も作ることになり、
その間の通院した分は、時間とお金がかかってしまいます。





病院の産み分け指導で排卵誘発剤を飲むことになると

人によっては吐き気や冷えが出ることもありますし、検査や治療の中には大変な痛みを伴うものもあります。(排卵が起こりにくい人や、周期に乱れのある人にほどこされる薬です)




また、基礎体温表だけを渡されるだけという病院もあるくらいです。

お金をかけても、これでは何のために病院に行っているのかわかりません。



【男の子が生まれる場合】

1、排卵日あるいはその付近にセックスが行なわれた場合、動きがより迅速な男の子をつくる精子が、先に卵子に到達すると思われる。排卵の時期は女性の生理的分泌液がアルカリ性に強く傾いており、精子が移動するのに最適の条件になっているからである。





【女の子が生まれる場合】

2、排卵日の前日より以前にセックスが行なわれた場合は、より抵抗力がある女の子をつくる精子が、卵子に到達しやすい。その時期の女性の生理的分泌液はより酸性に傾いており、抵抗力の弱い男の子をつくるY染色体をもつ精子が排除されてしまう可能性が高いからである。


では、女の子を産み分けをするには具体的に何を理解し何を実践すればいいのか?



目的は、

卵子にX染色体をもつ精子を結合させて女の子を産むことです。



そのためには大きく分けて

 ①タイミングのとり方

 ②セックスの方法



この2つの事がとても重要です。さらに、



①タイミングのとり方には

 (1)排卵日の見きわめ方

 (2)セックスのタイミングの設定の仕方

 (3)禁欲や避妊に関するルール



②セックスの方法には

 (1)精子の数のコントロールの仕方

 (2)体位とペニスの挿入の仕方

 (3)女性のオーガズムの感じ方

があります。



詳しくはマニュアルで述べますが、

これらのことを全部理解し、実践していけば、80%近い確率で女の子を産むことができるのです。

それも、病院に行かなくても家庭でできるのです。


このブログは、大石幸子!81.3%の確立で女の子ができた魔法の産み分け術の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ 検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィール 詳細 失敗談 成功談 などの情報を公開しているブログです。



詳細はこちらをクリック




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。